ホーム > 肌ケア > メイクは技で決まる

メイクは技で決まる

女性は見た目をとても気にします。出来るだけ綺麗な自分を人に見て貰いたいから、できるだけ綺麗になろうと、メイクをします。

 

メイクと言うと、一般的には、下地クリームで肌を整えて、その上からパウダーのファンデーションで整えるっと言うのが基本です。これはただ単に肌の色がくすんでいるから白くするというのでは無くて、肌のでこぼこや、肌のシミやキメも治しているのです。

 

しかし、見た目は白くなっただけに見えるでしょう。だから、メイクはその塗り方や、色合いや、素材を使って、変える事が必要となるのです。ちょっとした技ではありますが、ただ単に塗るっと言う作業ではなくて、肌に光沢があるように、ファンデーションを変えてみると良いでしょう。

 

白っぽい色なら首の肌に合っていたら何でも良いっと言うのでは無くて、顔にまっすぐに塗ったような見た目ではなくて、見た目に動きがあるように、光が当たったように、鮮やかに見えるような素材のファンデーションがあるのそのようなメイク道具を使ってメイクをすると良いでしょう。

 

メイクは色々な素材を合わせて、その技を使ってメイクすると綺麗な肌に見えるのです。

メイクは美容についてもっと知りたい人はこちらの記事もどうぞ